【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 唐津焼き 黒 金銀蔦 武村利左衛門作

抹茶茶碗 唐津焼き 黒 金銀蔦 武村利左衛門作

抹茶茶碗 唐津焼き 黒 金銀蔦 武村利左衛門作


【12代 武村利左衛門】唐津焼き
唐津焼の創始期について室町・桃山時代の説があります。
当波佐見焼は、天正末期 朝鮮の役の折、大村藩公は李祐慶等を伴い波佐見の村木に開窯させ、黄・青・黒・粉引・絵唐津等の陶器を製作。
唐津焼の分類では平戸京とされ、世を経るにつれ土もの-半磁器-磁器へと移り変わっています。
利左衛門窯は江戸中期には堺を通じ広く世に広まり、藩窯業発展の要の役をなすなどし、産地とともに歩いて現在に至っています。
山ほこら碑より利左衛門窯を命名し創始期の土ものに帰り、土味を重んずる唐津焼の窯として研鑽・作陶中
 

サイズ 約直径12.1×高7.9cm
作者 武村利左衛門作
紙箱
   (R2/ス棒武・14675)