【茶器/茶道具 茶入(お濃茶器)】 瀬戸焼き 中興名物 伊予簾写 龍喜窯 仕服:伊予簾緞子 (Z)

茶入 瀬戸焼き 中興名物 伊予簾写 龍喜窯 仕服:伊予簾緞子
茶入 瀬戸焼き 中興名物 伊予簾写 龍喜窯 仕服:伊予簾緞子

歌集 恵慶法師
「逢う事は、まはらに編める伊予簾、いよいよ、われを、侘ひさするかな」
まばらに編んだ伊予簾を、小堀遠州は、結び付け銘の由来となった。
伝来 小堀遠州ー土屋相模守政直ー松倉佐渡守ー土屋家ー松平伊賀守忠愛ー赤星家ー後藤家ー昭和美術館

【今城聡】龍喜窯
1967年昭和42年 京都に生まれ
1985年昭和60年 京都府立陶工職業訓練校終了
1994年平成06年 東大寺 龍松院・筒井寛州老師に窯名「龍喜窯」をいただく
1994年平成06年 奈良にて龍喜窯を開窯
 

茶入-茶入は濃茶を入れる器です。

  • 茶入れには中国製の唐物や日本製の和物や東南アジアで焼かれた島物があります。
名称の種々
茄子・文遊・尻張・丸壺・大海・内海・小肩付・撫肩付・鶴首・戦草等多くの形があります。

茶入の見どころは

  1. 茶入の形成は口造り・銅の表情(釉なだれ・釉露・釉際)・銅紺があります。
  2. 糸切のいろいろ
    • 唐物糸切は左回り糸切(逆糸切)
    • 和物糸切は右回り糸切(順糸切)
    • 他に渦糸切・刀糸切などの同心円の糸切
  3. 茶入の蓋の材は象牙です。象牙は毒を消すといいます。また、蓋裏には毒消の金を貼ってあります。
 

<蓋色々>掬蓋・一文字蓋・瓶子蓋・盛蓋などがあります。

  • 和物茶入れには、瀬戸焼と、国焼に大別されます。
  • 瀬戸茶入れが、本家で、他の窯で焼かれた物は、脇の意味で、国焼きと呼びます。
  • 瀬戸茶入は唐物茶入を倣って瀬戸窯で最初に造られた。
  • 「国焼」として「高取」「薩摩」「上野」「唐津」「膳所」「志戸呂」等や
    「六古窯」の「丹波」「伊賀」「備前」「信楽」等の他、「仁清」にも名品があります。
  • 高取茶入は朝鮮陶工八山が福岡高取に開窯に始まり、江戸時代小堀遠州の指導のもと和物入が造られた。

仕服

  • 仕服は茶入れや薄茶器・茶碗など道具の保護のための袋を指します。ここでは茶入ための袋です。
  • 仕服は底の丸い部分と銅の部分は二つの合わせ裂に裏地を縫い合わせ、それに併せて緒とつがりで構成されています。

サイズ 約底直径5.8cm×高6.6cm(全高7.4cm)
口径2.7cm
作者 龍喜窯
素材 蓋:象牙
木箱
   (の丸中・34700)