【茶器/茶道具 色紙/夏】 直筆 瀧直下三千丈又は白雲抱幽石又は瀧 小林太玄筆

色紙 直筆 瀧直下三千丈又は白雲抱幽石又は瀧 小林太玄筆

瀧直下三千丈たき ちょっかさんぜんじょう
瀧がまっすぐに落ちる事三千丈。涼しさを強調し語呂を合わせたもので夏の涼しさを呼ぶ一句
白雲抱幽石はくうんゆせきをいだく
幽玄な巨石の山、それを白雲がふわりと優しく抱く ように包み込む、天上の様子。
壮大でありながらも、慈悲も感じさせるやわらかく温かい 関係。 周りに束縛するものがなく、心が素直になった時、あなたは何を抱くでしょう。(寒山詩) 。


【小林太玄】黄梅院 大徳寺塔頭
1938年昭和13年 奉天生まれ
1961年昭和36年 花園大学卒業.
 相国僧堂に掛塔 大津暦堂に参禅.
1975年昭和50年 大徳寺塔頭 20世 黄梅院に就任
 

   直筆
作者 小林太玄筆
たとう紙
注意 メール便不可
   (・22680)

 

【茶器/茶道具 色紙/夏】 直筆 瀧直下三千丈又は白雲抱幽石又は瀧 小林太玄筆
商品コード: S-0081*1~S-0081*3
【茶器/茶道具 色紙/夏】 直筆 瀧直下三千丈又は白雲抱幽石又は瀧 小林太玄筆

送料無料
大徳寺派

関連カテゴリ:
茶道具 > 短冊・色紙・色紙掛/立・飾り扇子(掛/立)
茶道具 > 短冊・色紙・色紙掛/立・飾り扇子(掛/立) > 色紙
茶道具 > 短冊・色紙・色紙掛/立・飾り扇子(掛/立) > 色紙 >
販売価格:18,144
ポイント:1,680Pt
色紙 小林太玄
A  2
B  1
C  1
数量
在庫
1~2