【茶器/茶道具 色紙】 直筆 日々是好日又は一期一会又は和敬清寂又は雪月花 戸上明道筆

色紙 直筆 日々是好日又は一期一会又は和敬清寂又は雪月花 戸上明道筆

日々是好日にちにちこれこうじつ日日是好日
毎日毎日が素晴らしい」という意味である
そこから、毎日が良い日となるよう努めるべきだと述べているとする解釈や、さらに進んで、そもそも日々について良し悪しを考え一喜一憂することが誤りであり常に今この時が大切なのだ、あるいは、あるがままを良しとして受け入れるのだ、と述べているなどとする解釈がなされている
一期一会いちごいちえ
茶の湯、茶会では毎回一生に一度という思いをこめて真剣に行うことをといた語
一生に一度しかない出会い。一生に一度かぎり。
和敬清寂わけいせいじゃく
茶道の心得を示す言葉
意味は、主人と賓客がお互いの心を和らげて謹み敬い、茶室の備品や茶会の雰囲気を清浄にすることという意である。
茶道における「利休の四規七則」と言われ、
一、茶は服のよきように点て
二、炭は湯の沸くように置き
三、花は野にあるように
四、夏は涼しく冬は暖かに
五、刻限は早めに
六、降らずとも傘の用意
七、相客に心せよ
というものです。
弟子が「茶の湯の極意を教えて欲しい」と願ったのに対し、千利休はこの四規七則を答えたとされています。
雪月花せつげつか・ゆきつきはな
雪と月と花。四季における美しい風物。


【戸上明道】玉瀧寺
昭和10年03月 三重県玉瀧(伊賀市)に生る
昭和33年03月 龍谷大学卒業
昭和35年04月 大徳寺専門道場掛塔
 (小田雪窓老師に師事)
昭和39年07月 立命館大学院修了
昭和52年03月 玉瀧寺住職
平成02年02月 前住位稟承
平成18年06月 閑梄
---------------------------------------------------
【玉瀧寺】
 玉瀧寺 吉祥山 三重県北伊賀(現伊賀市)

  直筆
作者戸上明道筆
たとう紙
注意メール便不可
  (輪輪中・5250)
【茶器/茶道具 色紙】 直筆 日々是好日又は一期一会又は和敬清寂又は雪月花 戸上明道筆
商品コード: S-0063*1~S-0063*4
【茶器/茶道具 色紙】 直筆 日々是好日又は一期一会又は和敬清寂又は雪月花 戸上明道筆
メール便不可
前大徳寺派:玉龍寺
禅語・年中使用可
関連カテゴリ:
節句の茶道具 > 年末の道具(クリスマス)
茶道具
茶道具 > 短冊・色紙・色紙掛/立・飾り扇子(掛/立)
茶道具 > 短冊・色紙・色紙掛/立・飾り扇子(掛/立) > 短冊
茶道具 > 短冊・色紙・色紙掛/立・飾り扇子(掛/立) > 短冊 > 年中
販売価格:4,277
ポイント:388Pt
色紙
日々是好日  4
一期一会  2
和敬清寂  2
雪月花  4
数量
在庫
2~4