【茶器/茶道具 色紙画賛】 直筆 祇園祭り 長鉾の画又は夏の夜 花火の画 西垣大道筆 曽根幸風画

色紙画賛 直筆 祇園祭り 長鉾の画又は夏の夜 花火の画 西垣大道筆 曽根幸風画

祇園祭ぎおんまつり
京都市東山区の八坂神社(祇園社)の祭礼で、明治までは「祇園御霊会(御霊会)」と呼ばれた。
京都の夏の風物詩で、7月1日から1か月間にわたって行われる長い祭である。
祭行事は八坂神社が主催するものと、山鉾町が主催するものに大別される。一般的には山鉾町が主催する行事が「祇園祭」と認識されることが多い。
その中の山鉾行事だけが重要無形民俗文化財に指定されている。
山鉾町が主催する諸行事の中でもハイライトとなる山鉾行事は、山鉾が設置される時期により前祭(さきのまつり)と後祭(あとのまつり)の2つに分けられる。
山鉾行事は「宵山」(よいやま、前夜祭の意。前祭:7月14日?16日・後祭:7月21日?23日)、「山鉾巡行」(前祭:7月17日・後祭:7月24日)が著名である。
八坂神社主催の神事は 「神輿渡御」(神幸:7月17日・還幸:7月24日)や「神輿洗」(7月10日・7月28日)などが著名で、「花傘連合会」が主催する花傘巡行(7月24日)も八坂神社側の行事といえる。


【西垣大道】極楽寺 兵庫県城崎
昭和17年 庫県に生まれる。
昭和24年 分山宗興について得度。日本社会福祉大学卒業後、大徳僧堂、のち相国僧堂に掛塔。
昭和51年 仏教大学大学院修士課程修了。
昭和53年 兵庫県城崎郡の大徳寺派極楽禅寺住職に就任し、現在に至る。
----------------------------------------
【曽根幸風画伯】
昭和11年 京都粟田口生れ
昭和31年 京都府立陶工専修校(陶画科)終了
  (故陶師高嶋光楽のもとで作陶師事)
昭和32年 故陶師人間国宝富本憲吉先生に陶画師事
昭和48年 京都洛東 東山に開窯(幸風窯)
昭和53年まで京都東山の窯元で作陶に修行
平成01年 京都 伏見に移窯
  (茶道の陶画を通じ絵画に励む)
 

   直筆
作者 字:西垣大道筆
画:曽根幸風画
たとう紙
注意 メール便不可
   (輪棒大・6265)

 

【茶器/茶道具 色紙画賛】 直筆 祇園祭り 長鉾の画又は夏の夜 花火の画 西垣大道筆 曽根幸風画
商品コード: SG-0159*1~SG-0159*2
【茶器/茶道具 色紙画賛】 直筆 祇園祭り 長鉾の画又は夏の夜 花火の画 西垣大道筆 曽根幸風画

メール便不可
前大徳寺派

関連カテゴリ:
節句の茶道具 > 6月初夏の道具(新緑・梅雨の季節)
節句の茶道具 > 夏の茶道具
茶道具 > 短冊・色紙・色紙掛/立・飾り扇子(掛/立)
茶道具 > 短冊・色紙・色紙掛/立・飾り扇子(掛/立) > 色紙(画賛)
茶道具 > 短冊・色紙・色紙掛/立・飾り扇子(掛/立) > 色紙(画賛) >
販売価格:4,968
ポイント:460Pt
色紙画賛
A ×
B  2
数量
在庫
0~2