【茶器/茶道具 花入れ 置用 クリスマス】 エントツサンタ 吉村楽入窯 煙突 さんた サンタクロース さんたくろーす 煙突サンタ

【茶器/茶道具 花入 置用 クリスマス】 エントツサンタ 吉村楽入窯 (置き花入れ・置花入れ・置き用・置用)
 

【2代 吉村楽入】(京都楽窯会所属)
1929年昭和04年 京都市に生まれる
1948年昭和23年 京都府陶工訓練所終了
 名人 初代 父の吉村甚四郎氏に師事、楽入を継承
1985年昭和60年4月同会会長に就任
【3代 吉村楽入(本名 重生)】
1959年昭和34年 京都おまれ
1982年昭和57年 同志社大学経済学部卒
1983年昭和58年 京都市工業試験場伝統産業後継者育成陶芸コース終了
1984年昭和59年 京都府陶工訓練校成形科卒
 師祖父・父 楽入に師事
1989年平成01年より「楽入窯」創始・主宰
2000年平成12年 【重生】印を泉涌寺熊谷龍尚和尚より拝領
2001年平成13年 伝統工芸士認定
2004年平成16年 萬福堂 3代 吉村楽入を襲名

陶器(焼物)の花入

陶器の花入には渡り物と国焼があります。

やきもの花入いろいろ
焼物の花入は種類が多く、青磁・染付・彩磁などがあります。
中国から渡来した青磁は真の花入とされます。染付・赤絵はこれに次ぐものとされます。
国焼は瀬戸・高取・伊賀・信楽・備前・丹波・萩・唐津・楽などの京焼があります。
  • 釉がかかり形の格調高い物は行の花入に扱います。
  • 釉がかかってない土物は、草の花入とされます。

木地の薄板は水で濡らしよく拭ききって使用します。
備前・伊賀・信楽など釉のかかってない花入は事前によく水に濡らし、よく拭いて使用します。

【茶器/茶道具 花入 置用 クリスマス】 エントツサンタ 吉村楽入窯 (置き花入れ・置花入れ・置き用・置用)

花入の説明(敷板の説明)

薄板(三枚組花台)花入の下に敷く板を薄板といいます。
真塗矢筈板
かねの花入に使用・青磁等格調高い物を使用
塗り蛤端
釉のかかった焼物の花入れに使用
木地(杉)の蛤端
竹や釉のかからない焼物の花入に使用
丸香台
竹や釉のかからない焼物の花入に使用

掛物が一行物の時は床の下座(床柱のある方)に置くのが多い。

掛物が横軸の時は花入を中央に置くのが多い。

その他
板床や畳の床に置く籠花入には薄板は使用しません。
木地の薄板は水で濡らし拭ききって使用します。

関連商品

 
  

サイズ 約縦横6.4×高20.5cm
作者 吉村楽入窯
紙箱
   (丸山大ス吉江・19100)

Christmasバナー

osyougatu・keijiバナー

eto・odaiバナー

【茶器/茶道具 花入れ 置用 クリスマス】 エントツサンタ 吉村楽入窯 煙突 さんた サンタクロース さんたくろーす 煙突サンタ
【茶器/茶道具 花入れ 置用 クリスマス】 エントツサンタ 吉村楽入窯 煙突 さんた サンタクロース さんたくろーす 煙突サンタ
商品コード: yakimonohanaire-7
【茶器/茶道具 花入れ 置用 クリスマス】 エントツサンタ 吉村楽入窯 煙突 さんた サンタクロース さんたくろーす 煙突サンタ

送料無料
置き花入れ・置花入れ・置き用・置用

関連カテゴリ:
節句の茶道具 > 年末の道具(クリスマス)
茶道具 > 花入
茶道具 > 花入 > 焼き物花入
販売価格:15,268
ポイント:1,388Pt