【茶器/茶道具 花入 掛用】 萩焼き 田原陶兵衛窯 

花入 掛用 萩焼き 萩焼き 田原陶兵衛窯
【12代 田原陶兵衛】
1925年大正14年 山口県長門市に生まれる。
1944年昭和19年 旧制山口高等学校在学中に召集を受けて満州に渡る。
1945年昭和20年 シベリアに抑留される。
1948年昭和23年 抑留先のシベリアから復員後、長兄11代田原陶兵衛に後継者不在の為家業を継承。
1956年昭和31年 12代田原陶兵衛を襲名。
1972年昭和47年 日本工芸会正会員。
1981年昭和56年 山口県の無形文化財保持者に認定。
1991年平成03年9月27日没。66歳没。
【13代 田原陶兵衛(本名 謙次)】
1951年昭和26年 生まれ - 現在当主。12代の長男。
 中里重利に師事。
1992年平成04 父の死去により13代を襲名。
 日本工芸会正会員

サイズ約直径10×14.8cm
作者田原陶兵衛窯
木箱
  (の礼ウ)