【懐石道具(会席道具) 酒器/徳利(とっくり)】 織部焼き 徳利 樋口雅之作(養心窯)

懐石道具 織部焼き 徳利 樋口雅之作(養心窯)

懐石道具 織部焼き 徳利 樋口雅之作(養心窯)

懐石道具 織部焼き 徳利 樋口雅之作(養心窯)

【樋口統三】養心窯 美濃焼き
1902年明治34年 美濃市可児群可児町に生まれる
 樋口兼次郎の二男に生まれ15歳で作陶に入る
1933年昭和08年 日本人で初の重油によるトンネル窯を築窯
 戦後、労働省より作陶で技能者養成者として認可を受ける
 多治見市の技術保持者に認定
【2代 樋口力三】養心窯 美濃焼き
1935年昭和10年生まれ。多治見市出身
 師 父統三(御嵩町 重要無形文化財)に師事
 師 人間国宝 鈴木 蔵に師事
1975年昭和50年 養心窯 4代目を継承
 次代の息子が製陶中
【3代 樋口雅之】養心窯 美濃焼き
1967年昭和42年 岐阜県に生まれる
 名古屋芸術大学彫刻科卒。師:備前焼人間国宝、山本陶秀氏の内弟子として5年間学ぶ
1994年平成06年 第25回東海伝統工芸展入選
1999年平成11年 第46回日本伝統工芸展入選。
2000年平成12年 現代茶陶展入選他、個展多数展観

作者樋口雅之作
木箱