【茶器/茶道具 香合】 赤膚焼き 能 大塩昭山作

香合 赤膚焼 能香合 大塩昭山作

香合 赤膚焼 能香合 大塩昭山作

【4代 大塩昭山】
1960年昭和35年 赤膚焼窯元三代目大塩昭山の長男に生
1983年昭和58年 グループATMS展(大阪 アートサロン宮崎にて)
1984年昭和59年 大阪芸術大学工芸科陶芸専攻卒業
1985年昭和60年 京都府立陶工高等技術専門校陶磁器科(成形 )卒業
1986年昭和61年 大塩昭山窯クラフト展(大阪 三越)
昭和63年 奈良県工芸展(奈良シルクロード博飛火野会場)
1989年平成01年 奈良県工芸青年作家展(奈良商工観光館)以後毎回出展
1991年平成03年 大塩昭山窯親子三人展(奈良商工観光館)
1992年平成04年 ベルサイユ祭 日本の伝統と文化交流展 参加出展(仏 パレ・デ・コングレ)
1995年平成07年 PARIS平和芸術祭 PARIS平和芸術大賞受賞   (仏 パリ)
1995年平成07年 4代目大塩昭山襲名(4代目 大塩昭山襲名展 大阪そごう)各地で、08年度四代目大塩昭山襲名展を開催する
1996年平成08年 4代目大塩昭山襲名展(新宿三越)
     欧州芸術文化遺産認定 収蔵(仏パリ)
 以後、個展や展示会を開催する
----------------------------------------------------
【7代 大塩 正人(おおしお まさんど)】
1908年明治41年~1995年平成07年
 日展他入選・入賞 奈良県工芸協会理事長
 奈良芸術大学教授 勲五等瑞宝章
【8代 大塩 正人(本名 正義(まさよし)】
1933年昭和08年 赤膚焼7代大塩正人を父として奈良に生まる
1964年昭和39年 朝日陶芸展入選・日展初入選
1992年平成04年 日展文部大臣賞受賞
1995年成07年 日本芸術院賞受賞
 現在  日展理事
     日本工芸美術展常務理事
     奈良県美術家協会会員
----------------------------------------------------
【大塩恵旦】赤膚焼き
 奈良県工芸協会に所属
1963年昭和38年 赤膚焼窯元三代目 大塩昭山の次男として誕生
1981年昭和56年 私立奈良育英高校卒
1982年昭和57年 京都府立陶磁器職業訓練学校卒
 赤膚焼窯元 大塩昭山において家業の手伝いを始める
1983年昭和58年 奈良県工業協会青年部に所属す
1994年平成06年 赤膚焼窯元三代目 大塩昭山死去し、赤膚焼 大塩恵旦として独立
 

サイズ 約横5.3×奥5×高10cm
作者 大塩昭山作
木箱
   (野礼り・54000)