【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 膳所焼き 老松 陽炎園作

抹茶茶碗 膳所焼き 老松 陽炎園作

抹茶茶碗 膳所焼き 老松 陽炎園作

【陽炎園】
 現在遠州七窯の一つに数えられる。
 日本画家 山元春挙画伯が「東海道名所絵図」にも描かれた名勝「陽炎の池」が庭内にあることから命名された。
 当時、小堀遠州は近江奉行であったことなどから、遠州の指導が考えられる。
 遠州好みの茶入として「大江山」「白雲」が有名。
-----------------------------------------
【初代 岩崎健三】膳所の人
 明治生まれ
1919年大正08年 山元春挙画伯とはかり再興
【2代 岩崎新定】初代健三の長男
1913年大正02 年生まれ
 京都高等工芸学校陶磁器科卒
1987年昭和62年 膳所焼美術館を設定
1985年昭和60年 滋賀県伝統的工芸品指定
1991年平成03年 通産省より伝統産業功労者表彰
2010年平成22年 現在尼膳所焼で製陶中
 現在、染付・赤絵等いろいろな物が製作される。代表作 茶入「大江山」

サイズ約直径11.4×高8.4cm
作者陽炎園
木箱