【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 雪華紋 脇田雄峰作

抹茶茶碗 雪華紋 脇田雄峰作

抹茶茶碗 雪華紋 脇田雄峰作


土井利位の命名「雪華」
雪の結晶の事。
雪の結晶の模様(雪華模様)は江戸庶民の間で流行し、着物や服飾小物、はては茶碗の模様にまで使われた。
この流行を受けて土井利位は「続雪華図説」を刊行している。

【脇田雄峰】
1949年昭和24年 京都生まれ
 師 蔭山良太郎に師事
1968年昭和43年 京都府立陶工訓練所に入学
     現 京都府立陶工高等技術専門学校に入学
1969年昭和44年 京都府立陶工専修職業訓練校卒業
1977年昭和52年 田中麗華先生につき学ぶ
1979年昭和54年 京都醍醐春日野の開窯
 伝統産業絵付展に於いて受賞