【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 大井戸茶碗 有楽 丸子窯

抹茶茶碗 大井戸茶碗 有楽 丸子窯

抹茶茶碗 大井戸茶碗 有楽 丸子窯


大井戸茶碗 銘「有楽」
高麗茶碗の中でも、井戸茶碗の約束をすべて満たしている名品茶碗
寂び茶の茶碗の代表格として有名な大井戸茶碗の内、五指に入ると言う定評が与えられ、かつて織田信長の弟 有楽斎が所持していたところから「有楽」の銘を持っている。
まことにはんなりとした優美な大井戸で、ゆるりとした曲線美はいかにも女性的であり、赤みを含んだ枇杷色の釉薬もおとなしく、高台際の長石釉の縮れ(梅花皮)も整っている。
本歌は東京国立博物館蔵
高麗茶碗とは
室町時代以降の朝鮮で作られた茶碗。
大井戸・青井戸・小井戸・脇井戸・熊川(こもがえ)・堅手(かたて)・斗々屋(ととや)・伊羅保・粉引・御本三島等(雨もり手)をさす。茶道具における中国製の「唐物」に対する朝鮮半島製品の総称

丸子窯(安田道雄が監修)
 安田道雄が永年にわたり、高麗茶碗の研究成果を若手職人に指導・育成し出来上がった作品を監修したもの
【安田道雄】
1949年昭和24年 京都に生まれる
1971年昭和46年 京都府立陶工高等技術専門校専攻科終了
1988年昭和63年 滋賀県大津市和爾き開窯
「京都の高麗茶碗」というポジションを自覚して以後、全国各地で個展を開催する。
 

サイズ 約直径14.8×高8.7cm
作者 丸子窯
木箱
   (丸-5有楽大・44930)