【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 青磁 輪花 馬蝗絆写し(ばこうはんうつし) 今岡妙見作

抹茶茶碗 青磁 輪花 馬蝗絆写し(ばこうはんうつし) 今岡妙見作

馬蝗絆(ばこうはん)とは
日本に伝わる青磁茶碗を代表する優品である。
江戸時代の儒学者、伊藤東涯が記した『馬蝗絆茶甌記』によると、かつて室町時代の将軍足利義政がこの茶碗を所持していたおり、ひび割れが生じたため、代わるものを中国に求めたところ、明時代の中国にはもはやそのようなものはなく、鉄の鎹でひび割れを止めて送り返してきたという。
この鎹を大きな蝗に見立てて、馬蝗絆と名づけられた。

【今岡妙見(本名 修三)】
1955年昭和30年 京都市上京区生まれ
1972年昭和47年 京都府立陶工高等技術専門校成形科卒業
    京都泉通寺の窯元に勤める
1977年昭和52年 師 原清和に師事
1981年昭和56年 京都 山科で開窯
 

サイズ 約直径14×高6.8cm
作者 今岡妙見作
木箱
   (R3/棒申中・20700No-51・4-5柴・17880)

 

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 青磁 輪花 馬蝗絆写し(ばこうはんうつし) 今岡妙見作
商品コード: tyawann-502
【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 青磁 輪花 馬蝗絆写し(ばこうはんうつし) 今岡妙見作

送料無料
本歌は国宝大名物 六弁形
青磁茶碗

関連カテゴリ:
節句の茶道具 > 夏の茶道具
茶道具
茶道具 > 国焼茶碗(色絵)
茶道具 > 国焼茶碗(色絵) >
茶道具 > 抹茶茶碗(萩焼・唐津・瀬戸土物)
販売価格:16,544
ポイント:1,504Pt