【茶器/茶道具 抹茶茶碗 端午の節句】 掛分 鯉のぼり 窪田常之作

抹茶茶碗 掛分 鯉のぼり 窪田常之作

抹茶茶碗 掛分 鯉のぼり 窪田常之作


【端午の節句】
男子が健やかに育つようにと祈願する行事
・端午の「端」は物の「はしっこ」で最初という意味があります。(端午の「午」は十二支の午です)
・十二支の午は旧暦では5月の事を指します。
・端午は5月の最初の午の日を節句として祝っていました。
 端午の「午」→「五」→「5」となり端午の節句は5月5日になったとされています。

【窪田常之】壱休窯
 田辺の地の一休禅師にちなんで壱休窯とする
1952年昭和27年 京都府綴喜群井出町に生まれる
1969年昭和44年 今日府立陶工職業訓練校終了
     初代 加藤如水氏に師事
2000年平成12年 京都田辺市に独立 築窯
 

サイズ 約直径12.1×高7.8cm
作者 窪田常之作(壱休窯)
木箱
   (N286・7-104ス吉大・17820)