【茶器/茶道具 抹茶茶碗 節分の日】 鬼 内にお福 中村秋峰作 

3代
抹茶茶碗 節分の日 鬼 内にお福 中村秋峰作

抹茶茶碗 節分の日 鬼 内にお福 中村秋峰作


福は内ふくはうち
※【節分の日の、豆の撒き方】
2月3日 立春の前日の節分
春が来る季節の変わり目の行事。
鬼門の方角では窓を開けて外に向かって鬼は外で2回撒く、撒いたら直ちに窓は閉める事。
鬼門とは東北と西南の方角です。
そして、門の外では、福は内と2回撒く。
家の内では、福は内と1回です。
でも、自由に撒かれたら良いと思います。
食べる豆の数は年齢の数(数え年の年齢)

【初代 中村秋峰(本名 多一)】
 石川県牛島の生まれる
 のち京都市東山に転居
 上絵付師に専心
1964年昭和39年 没
【2代 中村秋峰(本名:良一)】
1918年大正07年生まれ
1974年昭和49年 西ドイツ・フランクフルトメッセに出品
1976年昭和51年 没
【3代 中村秋峰(本名 幸一)】
1947年昭和22年 京都東山に生まれる
1966年昭和41年 京都市立伏見工業窯業科卒
1993年平成05年 現代の京焼・清水焼 パリ展に出品
1994年平成06年 京焼清水焼伝統工芸士に認定される

サイズ 約直径11.5×高7.9cm
作者 中村秋峰作
木箱
   (42000)

setubunnbana

hinamaturibana

sakuranodougubana