【茶器/茶道具 抹茶茶碗 干支「寅」】 色絵茶碗 虎と羅漢 中村秋峰作 (干支寅 御題窓)

3代

抹茶茶碗 色絵茶碗 虎と羅漢 中村秋峰作 (干支寅 御題窓)

抹茶茶碗 色絵茶碗 虎と羅漢 中村秋峰作 (干支寅 御題窓)


羅漢(らかん)とは
サンスクリットのアルハンの音訳を阿羅漢として、それを略称にしたもの。
悟りを開いた高僧のこと。
釈迦の直弟子のうちでも位の高いものは阿羅漢で、弟子の中でも最高の階位としていました。
羅漢とは、煩悩をすべてなくした人のことで、小乗の悟りを得た聖者のことをいいます。 また、大乗仏教では、小乗の修行者という意味で否定的に使うこともあります。

【初代 中村秋峰(本名 多一)】
 石川県牛島の生まれる
 のち京都市東山に転居
 上絵付師に専心
1964年昭和39年 没
【2代 中村秋峰(本名:良一)】
1918年大正07年生まれ
1974年昭和49年 西ドイツ・フランクフルトメッセに出品
1976年昭和51年 没
【3代 中村秋峰(本名 幸一)】
1947年昭和22年 京都東山に生まれる
1966年昭和41年 京都市立伏見工業窯業科卒
1993年平成05年 現代の京焼・清水焼 パリ展に出品
1994年平成06年 京焼清水焼伝統工芸士に認定される
 

サイズ 約直径11×高8.3cm
作者 中村秋峰作
木箱
   限定(り・50800)

etobana-

osyougatubana-

setubunnbana-