【茶道具・抹茶茶碗】 色絵能面 花鳥窯(手塚充作) 

【手塚桐鳳窯】花蝶窯の手塚石雲が監修した窯作
「手塚石雲 本名 充」
   陶歴
1942年昭和17年 手塚玉堂の五男に京都に生まる
   師 父玉堂に師事
1971年昭和46年京都山科で勧修寺窯を開窯す
   還暦を機に大徳寺管長高田明浦老師より
   窯名:花蝶窯、陶名:石雲を拝領
   平成15年京都嵯峨で花蝶窯を開窯
色絵能面 花鳥窯(手塚充作)


・・・・・
【手塚玉堂(初代)】
1896年明治29年、長野県上田市生
 (京都陶芸会の長老で、青磁・染付を得意とした)
1977年昭和52年、没
 ※現在、二代目
●玉堂窯 :先代玉堂と二代玉堂・弟、祥堂とで昭和28年玉堂窯を創窯しました
●1977年昭和52年 二代玉堂継承 各地で個展開催(伝統工芸士)
【2代 手塚祥堂窯 手塚 央(ひさし)本名:弥一】
※昭和42年京都清水団地で開窯し現在に至る
※初代 手塚玉堂の次男
1934年昭和09年京都生まれ
京都工芸美術作家協会会員
三軌会会員審査員:同工芸部長
中央アメリカ工芸展審査員

作者花鳥窯(手塚充作)
サイズ直径12.5×高8cm
木箱・京焼き
仁清写能面の絵
  (・90510)