【茶器/茶道具 抹茶茶碗 色絵茶碗】 乾山写し 寒牡丹 永楽善五郎作(即全)

抹茶茶碗 乾山写 寒牡丹 永楽善五郎作(即全)

抹茶茶碗 乾山写 寒牡丹 永楽善五郎作(即全)

『千家十職の一家、土風炉・焼物師』
初代が奈良の西京西村に住んでいたため西村姓を名乗り土風炉を制作していました。
3代の時に小堀遠州の用命を受けた際に「宗全」の銅印をもらい作品に「宗全」の印を捺印していました。
しかし、天明の大火で印章を失ってしまいました。
その後、10代が三千家の助けを借りて再興を試み、この頃から千家に出入りするようになったと考えられています。
11代の時に紀州藩10代 藩主・徳川治寶の別邸西浜御殿の御庭焼開窯に招かれ、作品を賞して「河濱支流(かひんしりゅう)」の金印「永樂」の銀印を拝領した。
以後、作品に永楽の捺印をするようになりました。
そして、12代が襲名するときに永楽姓に改姓し、土風炉に加えて茶碗を作るようになりました。

【初代 西村善五郎(宗禅)】 生年不詳~1558年永禄元年
【2代  西村善五郎(宗善)】 生年不詳~1594年文禄03年
【3代  西村善五郎(宗全)】 生年不詳~1623年元和09年
【4代  西村善五郎(宗雲)】 生年不詳~1653年承応02年
【5代  西村善五郎(宗筌)】 生年不詳~1697年元禄10年
【6代  西村善五郎(宗貞)】 生年不詳~1741年延享元年
【7代  西村善五郎(宗順)】 生年不詳~1744年延享元年
【8代  西村善五郎(宗円)】 生年不詳~1769年明和06年
【9代  西村善五郎(宋厳)】 生年不詳~1779年安永08年
【10代 西村善五郎(了全)】 1770年明和07年~1841年天保12年
【11代 西村善五郎(保全)】 1795年寛政07年~1854年嘉永07年
 紀州藩十代藩主・徳川治寶の別邸西浜御殿の御庭焼開窯に招かれ、作品を賞して「河濱支流(かひんしりゅう)」の金印「永樂」の銀印を拝領した。以後、作品に永楽の捺印をするようになりました。
【12代 永楽善五郎(和全)】 1823年文政06年~1896年明治29年
【13代 永楽善五郎(回全)】 1834年天保05年~1876年明治09年
【   永楽善五郎(曲全)】 1819年文政02年~1883年明治16年
 13代を名乗った人物は2人います。
【14代 永楽善五郎(得全)】 1853年嘉永06年~1909年明治42年
 14代が亡くなると15代が成熟するまで、
【14代の妻・妙全が家業を継続させています
【15代 永楽善五郎(正全)】 1880年明治13年~1932年昭和07年
【16代 永楽善五郎(即全)】 1917年大正06年~1998年平成10年
【17代 永楽善五郎】    1944年昭和19年~
 

サイズ 約直径11.6×高8.3cm
作者 永楽善五郎(即全)
木箱
   (ス棒目中・480000)