【茶器/茶道具 抹茶茶碗 干支「子」】 干支茶碗 子 小槌に子 田中方円作 (干支子 御題望)

抹茶茶碗 干支茶碗 子 小槌に子 田中方円作

抹茶茶碗 干支茶碗 子 小槌に子 田中方円作

【田中方円 (本名 正一)】
1948年昭和23年 京都生まる
1964年昭和39年 15才で真葛焼き宮川香斉に師事
 約38年間絵付け職人として修業
 広田多津・塩見仁朗氏に師事
2002年平成14年 京都、日野の里に開窯
2003年平成15年 独立築窯 号(方円)をなのる
 作風 仁清・乾山写しや金襴手を得意とする
 

サイズ 約直径11.2×高8.7cm
作者 田中方円作
木箱
   (R2/1-106岡・42900)