【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 四季色絵茶碗 乾山写 夏 南口閑粋作  

【抹茶茶碗】四季色絵茶碗 乾山写 夏 
南口閑粋作>


【南口閑粋】杣山焼き
1958年昭和33年 大阪に生まれる
1978年昭和53年 京都府立陶工高等技術専門校卒業
1978年昭和53年 師 初代宮川香雲に師事
1985年昭和60年 師 十六代永楽善五郎に師事
1989年平成01年 開窯独立、杣山焼を再興し作陶中

京都では桃山時代から江戸初期にかけて、瀬戸や丹波の技法が取り入れられ、やがて野々村
仁清に始まり尾形乾山、仁阿弥道八、永楽保全、青木木米など多数の名工が出ました。
千家十職の永楽家は保全の後継です。京都以外でも唐津、湖東、御深井(愛知県)等、全国に
わたっています。小堀遠州の遠州七窯として、志戸呂(静岡県)、膳所、上野、高取(福岡県)、
伊賀、朝日(京都)、古曽部(大阪)、赤膚(奈良)があげられます。


沢瀉(おもだか)茶碗(箱)木箱入
沢瀉のはなが描かれています。
秋海棠茶碗(箱)木箱入
秋海棠の花が描かれています。
竹節茶碗(箱)木箱入

竹の絵が描かれ、茶碗が竹節の形になっています。

サイズ約直径12×高8cm
作者南口閑粋作
木箱