【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 信楽焼き 片口 寺垣外窯

抹茶茶碗 信楽焼き 片口 寺垣外窯

抹茶茶碗 信楽焼き 片口 寺垣外窯

【杉本貞光】
1935年昭和10年 東京生まれ
1968年昭和43年 信楽、山中に穴窯築窯、茶陶:信楽製作開始
1974年昭和49年 大徳寺:立花大亀老師よりご教授を受け今日に至る
 レリーフ製作・沖縄海洋博にレリーフ製作・茶陶、伊賀の研究製作を開始
1979年昭和54年 大徳寺:如意庵にて個展開催さらに、裏千家にて個展開催
 長次郎風の黒茶碗、光悦風の赤楽茶碗の研究製作を開始
 高麗物、井戸茶碗、粉引茶碗の研究を開始
 茶陶、伊賀の製作発表
1988年昭和63年 香雪美術館にて信楽展出品
1991年平成03年 NYロックフェラーセンター・ギャラリーゼロにてアメリカ発個展
1992年平成04年 吉兆・(大阪)湯木美術館に作品が収蔵
1993年平成05年 ミュンヘン・ギャラリー フレッドハーンスタジオにてドイツ初個展
1994年平成06年 エール大学美術館に作品が収蔵
2011年平成23年 野村美術館にて展覧会
2013年平成25年 野村美術館(京都)にて展覧会
2014年平成26年 臨済宗(建仁寺派管長)小堀泰厳猊下より、戒名:玄覚貞光を頂く
 多数の個展開催:製作発表して今日に至る
 

サイズ 約縦13.4×奥12×高7.9cm
作者 寺垣外窯
木箱
   (R1/大・198000)