【茶器/茶道具 抹茶茶碗 お月見】 色絵茶碗 銀杏と兎 加藤永山作

抹茶茶碗  色絵茶碗 銀杏と兎 加藤永山作

抹茶茶碗  色絵茶碗 銀杏と兎 加藤永山作


中秋の名月(十五夜・お月見)
「秋の真ん中に出る月」という意味があります。
では「秋の真ん中」とはいつでしょうか。
ということは、秋の真ん中は8月で、さらに8月の真ん中、15日ごろが「中秋の名月」です。
現在の新暦は旧暦と1~2か月のずれがあるため、「9月7日から10月8日の間で、満月が出る日」を十五夜としています。

お月見の風習とお供えについて
地域によって違いはあるようですが、お月見にはお供えをするのが決まりです。
お供えには1つひとつに意味があります。一部を紹介します。

・ススキ
秋の七草の1つ。
白い尾花が稲穂に似ている、魔除けになるという理由で供えるようになりました。
・月見団子
丸い団子を月に見立て、感謝の気持ちを表わすそうです。
団子の数は十五夜なら15個。ピラミッドのように積んで供えます。
これは一番上の団子が霊界との懸け橋になると考えられていたから。
・農作物
里芋、栗、枝豆など収穫されたばかりの農作物を供え、豊作に感謝していたようです。
中でも里芋を供えるのは一般的で、「中秋の名月」は「芋名月」の異名をもちます。

風習
お供えだけでなく、独特の風習も各地に伝わっています。
もっとも多いのが「お月見泥棒」です。
これは「月見のときだけはお供え物などを勝手に取ってもよい」というもの
例)長崎県の一部では「まんだかな」といい、子どもがお供えを自由に取っていくそうです。
  秋田県仙北郡では「片足御免」といい、他人の家に片足を踏み込んでお供えを取るくらいは許されるそう。
どちらも「お月さまがお供えを食べた」ととらえ、喜びます。

【加藤永山】
1975年昭和50年2月生まれ
1998年平成10年 京都府立陶工高等技術専門校成形科卒
1999年平成11年 京都府立陶工高等技術専門校研究科卒
2000年平成12年 京都市立試験場本科卒
2000年平成12年 師 伊藤昇峰に師事
2003年平成15年 師 東山深山に師事
 

サイズ 約直径12.2×高8cm
作者 加藤永山作
化粧箱
   (R1/Q4-13中・6700)