【茶器/茶道具 銘付茶杓】 梅茶杓 銘「静寂」 而妙斎家元 一ノ瀬小兵衛作 茶杓袋&茶筒袋付

銘付茶杓 梅茶杓 銘「静寂」 而妙斎家元 一ノ瀬小兵衛作 茶杓袋&茶筒袋付

銘付茶杓 梅茶杓 銘「静寂」 而妙斎家元 一ノ瀬小兵衛作 茶杓袋&茶筒袋付


静寂せいじゃく
静かなこと。ひっそりとしていること。また、そのさま。

【一ノ瀬小兵衛】
一瀬家は、千家十職の指物師・駒澤家の別家で「指小(さしこ)」とも呼ばれる。
当代は五代目。
---------------------------------------------------------------------------
【14代 而妙斎】 表千家
1938年昭和13年生まれ
 13代 即中斎家元の長男
1967年昭和42年 大徳寺の方谷浩明老師館長より、「而妙斎」の号を与えられ宗員となる
1979年昭和54年 即中斎の死去により、1980年昭和55年2月28日、に14代 宗左を襲名する
1990年平成02年 利休400年忌を迎え、法要を営み茶事を催す
2018年平成30年02月28日 代を譲り、隠居名 宗旦を名乗る

【5代:一瀬小兵衛】指物師<br>

※昭和06年京都に生まれる

※京都市立美術工芸学校卒業

※4代の父に師事し、昭和50年5代小兵衛を襲名
 

付属品 茶杓袋・茶筒袋付
作者 而妙斎家元筆
茶杓師:一ノ瀬小兵衛作
素材 梅の木
木箱
注意 ●景色(模様)・色は変わる場合があります。
   (中・864000)