(Z)【茶器/茶道具 茶入(お濃茶器)】 肩衝茶入(肩付茶入) 黒織部 加藤日出作(山十窯) 仕服:野田金襴

茶入 肩衝茶入(肩付茶入) 黒織部 加藤日出作(山十窯) 仕服:野田金襴

【沿革】
赤津焼は起源は奈良時代前期の須惠器で、日本六古窯の一つに数えられて猿山(さなげ)地区の釉で作られる瀬戸焼です。
鎌倉時代に釉薬(ゆうやく)を用いたのはこの地方のみであったといわれ、その後の安土・桃山時代には、茶道の発展の影響を受け、志野、織部など現在の赤津焼の根幹をなす技法が確立されました。
【特徴】
赤津焼の特徴は、織部釉(おりべゆう)志野釉(しのゆう)黄瀬戸釉(きぜとゆう)、古瀬戸釉(こぜとゆう)、灰釉(かいゆう、)御深井釉(おふけゆう)、鉄釉(てつゆう)の7種類の釉薬と、へら彫り、印花(いんか)、櫛目(くしめ)、三島手(みしまで)など12種類の多彩な装飾技法にあります。
これらを駆使し、茶道具、華道具から家庭用品まで幅広く焼かれています。
【製造工程】
ろくろ成形、たたら成形、または手ひねり成形により成形し、仕上げ、乾燥の後、絵付けや施釉を行い焼成します。
基本的に素焼きはしません。
織部は焼成後、ドングリの傘からでるシブを使い、表面の幕を除去します。(栃しぶ抜き)
【伝統的工芸品指定】
指定年月日 第7次指定 昭和52年3月30日

【加藤日出(本名 ひで)】
 美濃焼作家 加藤光右衛門氏の次男。
1967年昭和42年 生まれ。
 名古屋茶道工芸金鱗会会員
 

茶入れって?

  • 茶入は濃茶を入れる器です。

<種類(形)>

  • 君台観左右帳記(くんだいかんそうちょうき)には「抹茶壺図形」という19種類の名称で書かれています。
    現在では19種類に加え、様々な形の物が作られるようになりました。
  • 主な形
    ・肩衝茶入(かたつきちゃいれ)・文琳茶入(ぶんりんちゃいれ)・茄子茶入(なすちゃいれ)・大海茶入(たいかいちゃいれ)・丸壺茶入(まるつぼちゃいれ)

<蓋の種類>

  • 掬蓋(すくい)・一文字蓋・瓶子蓋(へいし)・盛蓋(もり)落込蓋(おちこみ)・玉堂蓋(きょどう)・栄螺蓋などがあります。
  • 主には茶入の蓋の材は象牙といえます。
  • 象牙は俗言で毒を消すと言われています。また、金にも毒を消す効果があるといって蓋裏に貼って用います。
    「共蓋や角、唐木の蓋などもありますが、濃茶入にはつかいません。」
    瑕(きず)のようなすがあるものがあり、利休はこれを景色に見立てたといいます。
    (現在では象牙の替わりに、ラクトなど、樹脂製の物や木製などが使用されています)

<茶入いろいろ>

  • 茶入れには中国製の唐物や日本製の和物や東南アジアで焼かれた島物があります。
  • 和物茶入には、瀬戸・高取・信楽・志野・鼠志野・織部・唐津・朝鮮唐津・膳所・丹波等があります。
  • 和物茶入のはじまりは、瀬戸茶入で、唐物茶入倣って瀬戸で焼かれた茶入です。

<茶入の見どころは>

  1. 茶入の形成は口造り・銅の表情(釉なだれ・釉露・釉際)・銅紺があります。
  2. 糸切のいろいろ
    形成した器を轆轤(ろくろ)から糸を使って離すときに底にのこる渦状の細い線のこと
    (形でなどで作られる物もあるため、糸切がない物もあります)
    • 唐物糸切は左回り糸切(逆糸切)
    • 和物糸切は右回り糸切(順糸切)
    • 他に渦糸切・刀糸切などの同心円の糸切

<仕服>

  • 仕服は茶入や薄茶器・茶碗など道具の保護のための袋を指します。ここでは茶入ための袋です。
  • 仕服は底の丸い部分と銅の部分は二つの合わせ裂に裏地を縫い合わせ、それに併せて緒とつがりで構成されています。

サイズ 約直径6.6×高10cm
素材 蓋:象牙
作者 加藤日出作(山十窯)<
木箱
   (野申ウ・45685)