【茶器/茶道具 短冊画賛】 直筆 不待人 橋本紹尚筆(柳生紹尚)又は歳月人待 前田宗源筆 茶筅売りの画

短冊 直筆 不待人 橋本紹尚筆(柳生紹尚)又は前田宗源筆 茶筅売りの画

歳月不待人さいげつひとをまたず
時間は人の都合とは関係なしに刻々と過ぎていくものであり、人を待ってくれるこFとなどない。
転じて、人はすぐに老いてしまうものだから、二度と戻らない時間をむだにしないで、努力に励めよという戒めを含む。
陶潜の『雑詩』に「盛年重ねて来たらず、一日再びあしたなり難し、時に及んで当に勉励すべし、歳月人を待たず(若い時は二度と来ない、一日に朝は二度とない、時を逃さず一瞬を大切にして勉学に励めよ)」とあるのに基づく。
茶筅売りとは
茶筅を売る人。
特に、歳末に自製の茶筅を京都の市中に売り歩いた空也堂の僧。


【橋本紹尚】(柳生紹尚)芳徳禅寺
昭和37年 花園大学卒業
昭和37年 大徳寺専門道場にて掛塔、小田雪窓老師(大徳寺第四八九世)に師事する
 三玄院先代住職藤井誠堂老師より「顕道」「紹尚」を拝命
昭和40年 柳生芳徳寺に帰る
昭和47年 芳徳寺住職となる
平成08年 奈良市文化財に指定される。
-----------------------------------------------------------------------------------
【芳徳禅寺】
奈良県 神護山
寛永十五年に、柳生宗矩が亡父石舟斎宗厳の供養のため創建し、開山は宗矩と親交のあった沢庵和尚。
のち柳生氏代々の菩提所ともなった。

【前田宗源】瑞光院 山号を紫雲山
 大徳寺派 赤穂義士遺跡
昭和07年04月10日京都に生
 京都府立第三中学校
 京都府立朱雀高校
 同志社大学経済学部
 京都建仁寺僧堂にて修行
-----------------------------------------------------------------------------------
【瑞光院】
京都 紫野 臨済宗大本山 大徳寺派に属する
紫雲山 瑞光院は  慶長18年(1613年)創建。
赤穂 浅野家とは縁があり、46士の遺髪が埋葬されている

  直筆
たとう紙
作者橋本紹尚筆(柳生紹尚)
前田宗源筆
注意メール便不可
  (野丸中)
(4250)
【茶器/茶道具 短冊画賛】 直筆 不待人 橋本紹尚筆(柳生紹尚)又は歳月人待 前田宗源筆 茶筅売りの画
商品コード: TG-0026*1~TG-0026*2
【茶器/茶道具 短冊画賛】 直筆 不待人 橋本紹尚筆(柳生紹尚)又は歳月人待 前田宗源筆 茶筅売りの画
メール便不可
前大徳寺派
関連カテゴリ:
節句の茶道具 > 年末の道具(クリスマス)
茶道具 > 短冊・色紙・色紙掛/立・飾り扇子(掛/立)
茶道具 > 短冊・色紙・色紙掛/立・飾り扇子(掛/立) > 短冊 >
販売価格:3,124
ポイント:284Pt
橋本紹尚筆(柳生紹尚) 前田宗源筆
茶筅売りの絵 × ×
数量
在庫
0
只今品切れ中です。