【茶器/茶道具 短冊 七夕】 直筆 星河清涼風又は織姫渡銀河又は涼風颯々声 戸上明道筆

直筆 星河清涼風又は織姫渡銀河又は涼風颯々声 戸上明道筆

星河清涼風せいがりょうふうきよし
「星河」とは、天の川・銀河の意。
星空を眺めていると涼しい風が吹いてきて清々しい気分になった。
織姫渡銀河おりひめぎんがをわたる
天の川を識姫が舟で渡る様
7月7日天の川で一度だけ会う、織姫と彦星の七夕
涼風颯々聲りょうふうさつさつのこえ(涼風颯々声)
涼しい風がそよそよと吹くさま。さわやかで、すがすがしい気持ちをいいあらわしたもの。折柄の涼風にほっとひと息をつく。また涼やかな風の中を歩む心地よさ。自然の妙である。


【戸上明道】玉瀧寺
昭和10年03月 三重県玉瀧(伊賀市)に生る
昭和33年03月 龍谷大学卒業
昭和35年04月 大徳寺専門道場掛塔
 (小田雪窓老師に師事)
昭和39年07月 立命館大学院修了
昭和52年03月 玉瀧寺住職
平成02年02月 前住位稟承
平成18年06月 閑梄
---------------------------------------------------
【玉瀧寺】
 玉瀧寺 吉祥山 三重県北伊賀(現伊賀市)

  直筆
たとう紙
作者戸上明道筆
注意メール便不可
  (野申中4510)
【茶器/茶道具 短冊 七夕】 直筆 星河清涼風又は織姫渡銀河又は涼風颯々声 戸上明道筆
商品コード: T-0113*1~T-0113*3
【茶器/茶道具 短冊 七夕】 直筆 星河清涼風又は織姫渡銀河又は涼風颯々声 戸上明道筆
メール便不可
前大徳寺派
関連カテゴリ:
節句の茶道具 > 7月7日、七夕祭り
茶道具 > 短冊・色紙・色紙掛/立・飾り扇子(掛/立)
茶道具 > 短冊・色紙・色紙掛/立・飾り扇子(掛/立) > 短冊
茶道具 > 短冊・色紙・色紙掛/立・飾り扇子(掛/立) > 短冊 >
販売価格:3,630
ポイント:330Pt
戸上明道筆(短冊)
星河清涼風  2
織姫渡銀河  2
涼風颯々声  2