【茶道具 帛紗】 佐保路 正絹 無地 さび朱又は紫又は朱又は赤 (服紗・袱紗・ふくさ)

仕立て方は、三方縫いで縫い目のない折りめの一辺をわさといいます。
帛紗の色は男性 紫&女性 朱又は赤

塩瀬の帛紗

絹100%、塩瀬(羽二重風)を使用します。


佐保路
  • 利休が小田原出陣の折、妻の宗恩が棗を包んで送った帛紗の寸法を一定とした。
  • 帛紗は利休の弟子塩瀬宗味の工夫により用いられた。
  • 帛紗さばきは茶器を拭き清めるために折りたたむ所作を云い、器の扱いにより、真行草のさばき方があります。