【茶器/茶道具 炭道具 釜カン・釜環・釜鐶】 轡鐶(くつわ環) 金谷浄雲作 

【金谷浄雲作】轡釜環(くつわ環)※高岡在住
サイズ:約直径7.4×長13cm

釜環 轡鐶(くつわ環) 金谷浄雲作


・・・・・
【初代 木村清五郎】
大正07年新潟県三条市生まれ
昭和09年県立三条商工学校卒
昭和21年復員後金工製品の製造を習得
昭和29年茶道具・華道具を制作
昭和42年水指にて中小企業庁長官賞を受賞
※南鐐製品では清雲という号で襲名する。
【二代 木村清五郎】
昭和24年三条市に生まれる.
昭和48年初代清五郎に金工製造を師事する。
昭和49年中小企業庁優秀賞受賞
平成四年に二代目木村清五郎を襲名、
平成21年伝統技術に新しい手法で「割カン」を完成させる
南鐐製品では清雲という号で襲名する。
・・・・・

・・・・・<参考資料>・・・・・
【釜環】の扱い方
一、普通の鐶は、鐶付にかけるとき右は向こうから手前へ、左はこちらから向こうへ動かしますが、普通の鐶と合わせ目が逆になっている左鐶もあり、真の鐶とされます。
一、鐶は、形や打ち方によって、それぞれに名称がついています。
一、鐶の打ち方によるものに、「石目」、「槌目」、「空目」などがあります。
一、鐶の形によるものに、「大角豆」(ささげ)、「竹節」、「捻鐶」、「蜻蛉鐶」、「巴鐶」、「轡鐶」、「常張鐶」、「割鐶」、「虫喰」、「素張」などがあり、大鐶は主に釣釜に用いられます。
一、鐶は、利休形の「大角豆鐶」(ささげかん)が標準で、大角豆のような丸いっ形で、凹凸があり滑りにくくなっています。鉈豆(なだまめ)ともいいます

サイズ約直径7.4×長13cm
素材鉄(轡釜鐶・くつわ環)
作者金谷浄雲作
木箱
  (37380)(野棒大)