【茶器/茶道具 炭道具 火箸 皆具】 飾火箸(飾り火箸) 南僚象頭瓢箪 河田松寿造 

(皆具)飾り火箸 南僚象頭瓢箪 河田松寿造

(皆具)飾り火箸 南僚象頭瓢箪 河田松寿造


・・・・・<参考資料>・・・・・
【初代 松寿】
※大阪にて鉄瓶を製作、晩年に京都に移り、釜の製作を始める。
【二代 松寿】
※先代からの家業を継ぎ、古作釜の製作を始め、研究して独自の技法を完成させる
◆三代【河田松寿(かわだ しょうじゅ)】京釜師
※1449年昭和24年、二代松寿の長男として生
※1967年昭和42年二代松寿を師として家業に従事し作釜を製作。古作釜に対する鑑定眼を養う。
※1982年昭和57年、三代松寿を襲名。
(京都・伏見区菊屋町に工房をもち、作品の制作のかたわら、永年に亘り古作釜や茶釜の修理にたずさわる。)
※平成8年 「京釜三人展」(筒井屋博多店)に大西清右衛門、吉羽輿兵衛両氏とともに出品
※平成11年 京都美術倶楽部の「美術商が推薦する三人の作家たち展」に出品
  三越新宿店にて半白記念個展を開催
  筒井屋博多店にて個展
※平成11年 京都美術倶楽部にて、「美術商が推薦する三人の作家たち展」を開く
※平成12年 筒井屋小倉店にて個展
・・・・・・

サイズ約全長29cm
作者河田松寿造
木箱
  (大)
(144980)