【煎茶道具 滓盂(しう)】 茶骨入れ 染付 蘭 平安春峰作(井上春峰作)

煎茶道具 滓盂(しう) 茶骨入れ 染付 蘭 平安春峰作(井上春峰作)

煎茶道具 滓盂(しう) 茶骨入れ 染付 蘭 平安春峰作(井上春峰作)

【初代 春峰】1986~1965
1896年明治28年 愛知県瀬戸市生
 京都に入り東山々麓に開窯。画号は玉舟
 商工省より技術保存作家の認定を受ける
 煎茶道花月庵家元、田中青坡氏に師事
 全日本煎茶道連盟結成に際し、同家元代理として参画
 黄檗山宗総本山萬福寺より黄檗陶匠の委嘱を受ける
 裏千家淡々斎宗匠の来訪を得、「春峰花自開」の一行を賜う
 湯川秀樹・末川博氏らとの交流を持つ
【2代 春峰】1928~1997
 初代春峰の長女
 染付、色絵、交趾技法を得意とする。皇太子妃、美智子妃殿下に煎茶器を献上。求めに応じ大阪万博タイムカプセルに作品を納める。
【3代 井上春峰(いのうえしゅんぽう】1950~
 2代 春峰の長男として京都府に生れる
 陶芸家・工芸作家
1974年昭和49年立命館大学卒業
  その後、京都府立陶工専修職業訓練校を経て陶磁器の製作、釉薬の研究に入る
1988年昭和63年 奥田行郎猊下より「在心」の居士号を賜った
1997年平成09年 3代目・井上春峰を襲名
 東京三越美術画廊他で個展を開催
 裏千家業躰、金澤宗推、宗也、宗維氏と3代にわたり師事
 また、ガラス工学博士、山本徳治氏に師事
 京都伝統工芸陶芸家協会理事
 日本煎茶工芸協会常任理事
 煎茶工芸展審査員。京都における陶磁器関連諸団体の役員を努める
 

サイズ 約直径7.6×高8.6cm
作者 平安春峰作(井上春峰作)
紙箱
   (・8800)