【茶道具 炉釜】 真形釜 羽付 浜松地紋 菊池政光作 釜鐶付 

日本伝統工芸作家 真形羽付釜 浜松地紋 菊池政光作 釜鐶付

 



真形は羽を意図的に欠き使用するようになりました。
これが羽落ち釜という一つの釜の形態になりました。
浜松紋はもっとも釜の中ではよく使用されます。

 

高橋敬典に師事。山形在住の釜師

※釜師 菊池政光(きくち まさみつ)
【※奥州山形鋳物の伝統を受け継ぐ作家】
※1937年1月19日生まれ。山形県出身
※日本伝統工芸展に1973年の初入選以来、10回以上の入選を果たす
※第五回伝統工芸武蔵野店では日本工芸界東京支部賞を受賞
※伝統工芸日本金工展では12回の入選歴を持つ
●1982年、日本伝統工芸士に認定される
●日本工芸会正会員・・・


炉用(真形羽付釜 浜松地紋)
作者 菊池政光作
木箱 蓋除 サイズ 直径26×高17.6cm
炉釜口12.3cm
   (仕No46大)
(・90725)

付属品 釜かん付
製作の都合上写真と釜蓋のつまみが変わることがあります。