【茶器/茶道具 水指/水器】 一重口 朝鮮唐津 宇田隆和作(佐平窯) 

水指 一重口 朝鮮唐津 宇田隆和作

<塗蓋付水指>
裏千家は水指に塗蓋を使用して飾りものの練習があります。
茶碗飾り・茶筅飾り・茶杓飾り・茶入飾り
表千家・裏千家とも茶巾を塗蓋の上の置く練習あります。

【宇田隆和作】(佐平窯)
甲賀市信楽町
1893年昭和26年 生れ
1969年昭和44年 滋賀県立甲南高校窯業科卒業(信楽高校)
 京都府宇治市炭山工芸村にて、森里良三に師事
1999年平成11年 通商産業大臣認定、伝統工芸士(信楽焼)
 信楽陶器総合展にて、入選多数
 以後作陶を継承


水指(水器)-釜に補給する水や茶碗・茶筌などをすすぐための水を貯えておく器物

炉・風炉の火の陽の対して水指の水を陰とします。
台子皆具の水指は本来唐物に始まり点前作法の変遷とともに皆具からはなれ銅の水指についで南蛮や国焼の備前・信楽・楽焼や京焼などの焼き物が用いられ、さらに木地釣瓶や曲などの新しい素材や形が造られた。



サイズ 約直16.6×高16cm(蓋除く)
約高17cm(蓋含む)
作者 宇田隆和作(佐平窯)
紙箱
   (目丸り・19440)