【茶器/茶道具 水指(水差し)】 瀬戸一重口 佐々木晨二作

水指 瀬戸一重口 佐々木晨二作
【佐々木晨二(しんじ)(本名 二郎)】瑞光窯・閑山窯
1952年昭和27年 岐阜土岐市の窯元に生
1970年昭和46年 多治見工業窯業専攻科修了
1974年昭和49年 師 岐阜県無形文化財の(父の)八十二氏に師事
1979年昭和54年~フランス・ドイツにて陶器・美術の研究(夏季講義に参加)
1981年昭和56年~1989年平成01年 宝仙短期大学生活芸術科にて作陶指導
 瀬戸釉・織部・志野を中心に作陶

水指(水器)-釜に補給する水や茶碗・茶筌などをすすぐための水を貯えておく器物

炉・風炉の火の陽の対して水指の水を陰とします。
台子皆具の水指は本来唐物に始まり点前作法の変遷とともに皆具からはなれ銅の水指についで南蛮や国焼の備前・信楽・楽焼や京焼などの焼き物が用いられ、さらに木地釣瓶や曲などの新しい素材や形が造られた。



サイズ約直径15.3×高15.5cm
作者佐々木晨二作
木箱
  (2019D2-15江・46440)