【茶器/茶道具 水次(水注)】 塗片口水次 溜塗り 海松波 淡々斎好写し 塚本規義作

水次 塗片口水次 溜塗り 海松波 淡々斎好写し 塚本規義作

水次 塗片口水次 溜塗り 海松波 淡々斎好写し 塚本規義作

水次 塗片口水次 溜塗り 海松波 淡々斎好写し 塚本規義作

水次とは
水次は水注とも書きます。
釜・水指に水を補うための道具です。
片口水次と水次薬鑵の2種類があります。
【水次(みずつぎ)】
表千家
 腰黒薬缶を使用します。
 小四方棚で塗物の水次(春慶塗り、溜塗り)の使用があります。
裏千家
 使い分けとしては、水屋はともかく、お手前でつかうのはお棚手前なのでお棚により、使い分けがあります。
・お棚手前では、4本足の棚は水指を手前に出して腰黒薬缶で水を注ぎます。
・2本足の棚は、水指を棚においたままで、片口水次で水を注ぎます。

【塚本規義】山中塗蒔絵師
1963年昭和38年 石川県山中町生まれ
1981年昭和56年 清瀬一光に師事
1982年昭和57年 表 正則に師事
1991年平成03年 山中創作蒔絵展にて漆器研究所所長賞受賞
1992年平成04年 石川県伝統産業奨励賞受賞
 市・県展で多数の入賞有・蒔絵展等で受賞多数
 

作者 塚本規義作
木箱
   並(有相伝-57大)
(・86400)