【茶器/茶道具 香合】 交趾焼き 桜鯉 中村翠嵐作

香合 交趾焼き 桜鯉 中村翠嵐作

香合 交趾焼き 桜鯉 中村翠嵐作


交趾焼茶道具のご使用について
・この作品の交趾焼は表面に貫入(細かい絵の具のひび割れを指す)が、入っておりますので、抹茶茶碗の場合は、ご使用前には水・または微温湯に通して、貫入に十分水分を含ませてご使用下さい。初めてご使用になるその時に、ピシ・ピシーと音が出ることがありますが、それは表面の絵具のヒビ割れ(貫入)の音ですから、器その物には変化無く心配ありません。
・交趾焼は低火度(約800度)焼成です。
洗う時は固い物(たわし・金たわし・ナイロンたわし等)を使用されますと、表面にキズがつくことがありますので、柔らかな物(綿布等)を使用してください。
・漂白用の薬品・洗剤等を使用されますと、変色することがありますから、ご注意下さい。
・交趾焼は酸に弱いことがあります。

【2代 中村翠嵐】
1942年昭和17年 京都生まれ
1961年昭和36年 京都市日ケ丘高校卒:美術課程陶芸家卒業
 師 父のもとで修業
1974年昭和49年 2代中村翠嵐を襲名する
1982年昭和57年 第25回上絵陶芸展京都府知事賞
1984年昭和59年 第6回京焼清水焼グランプリ受賞
1987年昭和62年 京焼き・清水焼の伝統工芸士に認定される
1993年平成05年 京焼き・清水焼パリ展に出品:実行委員長を務める
 

サイズ 約直径5.2×高4.6cm
作者 中村翠嵐作
木箱
時季