【茶器/茶道具 飾茶壺(飾壺)】 高取焼き 高取喜恵作(八仙窯) (網・口覆仕服・口紐付) (飾茶壷・飾壷・飾り茶壺・飾り茶壷・飾り壷・飾り壺)

【高取焼きは小堀遠州七窯の一つ】
7か所(赤膚・上野・高取・古曽部・志戸呂・膳所・朝日)


仕服の柄は当店にお任せください。
茶壷は一つ一つ趣は異なります。

装束とは
茶壷の付属品を装束といい、口覆(くちおおい)、口緒(くちお)、網、長緒(ながお)、乳緒(ちお)があります。
・口覆:茶壺の口を覆う布で、金襴、緞子、錦などの上質で厚みのある四角い切れの裏に塩瀬がついていて、菱なりに被せます。
・口緒:口覆の上から茶壷の口を固定する為に結ぶ紐で、四つ打になっている。
・網:茶壺をいれる袋で、紅か紫がり、蓋の上で結ぶようになっている。
・紐:長緒1本と乳緒2本からなる。
・壺飾紐: 3本で一組で、それぞれの長さは、並寸で7.6尺(約2.3m)2本と8.6尺(約2.6m)1本です。

口切の茶事とは
口切は、茶壺の口を切るの省略言葉
茶家の正月といわれる11月に、その年の茶壺の口を切り主客ともども寿ぎ祝う
数ある茶事の中でも、最も格式の高い茶事とされます。
壺飾りとは
開炉のころ、口切の茶事に行います。
この時、茶壺は蓋をしてその上に口覆を掛け、口緒を結びます。
網は単に茶壺を運ぶためのもの。

茶壺道中(ちゃつぼどうちゅう)
江戸初期の1632年(寛永)に将軍家光は、宇治の茶師に命じて作らせた将軍家直用のお茶を運ぶ「宇治採茶使」の一行を、「御茶壷道中」と呼ぶ

【高取喜恵(たかとりきえ) (本名 高取キセ子)】八仙窯
 13代高取八仙の妻
1934年昭和09年 福岡県生まれ。
  家業の製陶を手伝ううち、昭和38年頃より製作活動を始める
  師 高取焼十三代高取八仙氏に師事
  八仙窯特有の並黒(飴釉)を研鑽中
------------------------------
開窯は黒田長政公が1600年慶長5年に筑前の国主以後、朝鮮より渡来した名工 八山(和名 八蔵重貞)が開祖であります。
【10代 高取安之丞(重宣)】
 黒田藩最後の御用陶工
【11代 高取八扇(佐七)(本名 重雄)】
 13代の祖父が10代の高取焼きの伝統を継承
【13代 高取八仙(本名 八洲夫)】
1934年昭和9年甲戌~
 師 上野、高取古窯研究家 美和弥之助に師事
1953年昭和28年 13代を継承
 八仙窯特有の並黒(飴釉)を研鑽中
【14代 八仙(本名 忍)】現在継承中
 

作者 高取喜恵作(八仙窯)
素材 口覆仕服・紐・口紐・網:正絹(絹100%)
木箱
注意 仕服の柄は当店にお任せください。
茶壷は一つ一つ趣は異なります。
   (中・仕大)(・125400)
【茶器/茶道具 飾茶壺(飾壺)】 高取焼き 高取喜恵作(八仙窯) (網・口覆仕服・口紐付) (飾茶壷・飾壷・飾り茶壺・飾り茶壷・飾り壷・飾り壺)
【茶器/茶道具 飾茶壺(飾壺)】 高取焼き 高取喜恵作(八仙窯) (網・口覆仕服・口紐付) (飾茶壷・飾壷・飾り茶壺・飾り茶壷・飾り壷・飾り壺)
【茶器/茶道具 飾茶壺(飾壺)】 高取焼き 高取喜恵作(八仙窯) (網・口覆仕服・口紐付) (飾茶壷・飾壷・飾り茶壺・飾り茶壷・飾り壷・飾り壺)
商品コード: kazaritubo-1
【茶器/茶道具 飾茶壺(飾壺)】 高取焼き 高取喜恵作(八仙窯) (網・口覆仕服・口紐付) (飾茶壷・飾壷・飾り茶壺・飾り茶壷・飾り壷・飾り壺)

送料無料
口切りの茶道具

関連カテゴリ:
いまや > いまや 道具の位置(忘備録)or茶席への入り方
節句の茶道具 > 紅葉・11月、口切りの茶道具
茶道具
茶道具 > 水屋道具
茶道具 > 茶席の準備(毛セン・野立傘・椅子・机その他)
販売価格:94,628
ポイント:8,602Pt