【花器/茶道具 花入れ/唐銅】 唐銅四方角花入 龍耳付(銅色) 能作一佳作 


・・・【能作一佳】

1932年昭和07年富山県福光町生まれ
1950年昭和25年富山県立高岡工芸高校絵画科卒
※師:日本美術院同人・小松均氏に師事して研鑽
1954年昭和29年東京多摩美術大学日本画科卒
※師:富山の倉千鞆画伯に師事
 同時に東京都新宿区中央美術研究所にて学ぶ
 又、昭和29年東京都新宿区立淀橋中学校に奉職
1961年昭和36年能作製作所の稼業を継承
※師:父の3代能作兼春に師事し研鑽する
以来個展や富山県展・高岡伝統工芸展で多数受賞
・・・・・・
・・・・<参考>・・・・
※室町時代の大名物、古銅四方鶴首花入の写しです

 

箱 木箱・サイズ:縦7.3×横7.3×高26.4cm

金(かね)製の花入いろいろ

古銅・唐銅・砂張・青銅などの種類があります。銅に鉛・錫・亜鉛などを混ぜて造られ、その合金の度合いにより
いろいろ肌の変化を楽しみます。さらに、形や彫紋様に注意します。

古銅花入には盆を添える場合もあります。ソロリかね花入に(ソロリ盆)

  • 花入を真・行・草に分ける見方の時、かね花入は真の花入として使用されます。
  • かねの花入の口造りは多く、細口・鰐口・菱口・百合口・桔梗口・柑子口・四方口等、種々の形があります。
  • 花入の耳にも種々あります。遊・不遊環・象耳・龍耳・鳳凰耳・鯉耳・管耳等あります。
 

花入の説明(敷板の説明)

薄板(三枚組花台)花入の下に敷く板を薄板といいます。
真塗矢筈板
かねの花入に使用・青磁等格調高い物を使用
塗り蛤端
釉のかかった焼物の花入れに使用
木地(杉)の蛤端
竹や釉のかからない焼物の花入に使用
丸香台
竹や釉のかからない焼物の花入に使用

掛物が一行物の時は床の下座(床柱のある方)に置くのが多い。

掛物が横軸の時は花入を中央に置くのが多い。

その他
板床や畳の床に置く籠花入には薄板は使用しません。
木地の薄板は水で濡らし拭ききって使用します。

関連商品

 
  


※お買い得商品


配送 ●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州~関東まで)●
午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可)
作者 能作一佳作
木箱
    

・・・・・
●同形状(黒色)で、作者:黒瀬宗康作(木箱入り)¥46,400円の商品があります。
【黒瀬宗康】富山県高岡市清水町在
1927年(昭和2年丁卯)生まれ
※師:一の瀬宗辰に師事して16年間研鑽
昭和48年独立:初代黒瀬宗康を名乗る
平成03年淡交センター東京使支社で個展
平成04年新宿三越で茶道具展に出品

【花器/茶道具 花入れ/唐銅】 唐銅四方角花入 龍耳付(銅色) 能作一佳作 
商品コード: karakanehanaire-8
【花器/茶道具 花入れ/唐銅】 唐銅四方角花入 龍耳付(銅色) 能作一佳作 

送料無料
(唐金花入れ)唐銅花入れ

関連カテゴリ:
茶道具 > 花入
茶道具 > 花入 > 唐銅花入
販売価格:25,483
ポイント:2,359Pt
数量
在庫
0
只今品切れ中です。