【茶器/茶道具 掛軸(掛け軸)】 一行画賛 白雲抱幽石 辻宗雲筆 茄子の画 

掛軸 一行画賛 白雲抱幽石 辻宗雲筆 茄子の画

掛軸 一行画賛 白雲抱幽石 辻宗雲筆 茄子の画


白雲抱幽石はくうんゆせきをいだく
幽玄な巨石の山、それを白雲がふわりと優しく抱くように包み込む、天上の様子。
壮大でありながらも、慈悲も感じさせるやわらかく温かい 関係。 周りに束縛するものがなく、心が素直になった時、あなたは何を抱くでしょう。(寒山詩) 。


【辻宗雲】 昭和23年愛知に生
 愛知県一宮市、妙興寺僧堂にて挟間宗義老師に付修業

サイズ尺立幅(約30cm)
作者辻宗雲筆
木箱
  (柴)