【茶器/茶道具 掛軸(掛け軸)】 一行画賛 天下秋 福本積應筆 柿の画 上村米重画 

掛軸 一行画賛 天下秋 福本積應筆 柿の画 上村米重画

掛軸 一行画賛 天下秋 福本積應筆 柿の画 上村米重画


天下の秋てんかのあき
一枚の葉又は果実が天下に秋の訪れを知らしめる。


【福本積應】大徳寺派 招春寺
1930年昭和05年 京都生まれ
 大徳寺塔頭養徳院、宗應和尚に就き得度
 大徳寺派元管長・清涼軒歓渓老師の弟子となり、美濃 虎渓僧堂にて修業
1954年昭和34年 招春寺住職拝命
1975年昭和50年 宝林寺兼務住職、宗会議員拝命
 宝林寺を後任住職に譲り、現招春寺住職
 宝林寺を後任住職に譲り、現招春寺住職

作者字:福本積應筆
画:上村米重画
木箱
  (仕大・57596)