【茶器/茶道具 懐石道具(会席道具)/菓子鉢】 糸目椀 掻合本漆塗り 川端近左作 (柿合わせ・柿合せ・柿合・掻き合せ・掻き合わせ・掻合・掻合わせ・掻合せ)

懐石道具 菓子盆 糸目椀菓子鉢 掻合本漆塗り 川端近左作

懐石道具 菓子盆 糸目椀菓子鉢 掻合本漆塗り 川端近左作

【川端近左】
滋賀県の出身で京都の油屋「近江屋」の初代当主「川端佐兵衛」の雅号を「近左」とした。(「近江屋」の屋号と「佐兵衛」の名より「近左」と号す。)この初代の長男が明治の有名な日本画家、川端玉章である。漆芸のほうは、初代の弟が二代目を継いだ
【5代 川端近左】
1915年大正04年 奈良に生まれる
1928年昭和03年 12歳で四世近左に入門。16年、養子となる
1963年昭和38年 5世近左を襲名
1981年昭和56年 5世近左を襲名
1984年昭和59年 大阪府工芸功労賞受賞
1999年平成11年 没
【6代 川端近左(かわばたきんさ)】
1947年昭和22年 大阪市に生まれる
1966年昭和41年 大阪市立工芸高等学校美術科(日本画科)卒業
1970年昭和45年 京都市立芸術大学漆芸科卒業
    師 先代近左に師事
2000年平成12年09月 6代「近左」襲名
 

サイズ 約直径18.1×高7cm
作者 川端近左作
素材 栃材 本漆塗り
木箱
   (有酒・162000)