【茶器/茶道具 銘付茶杓】 金閣寺古材 銘「鏡湖」 有馬頼底筆 高野宗陵作

茶杓 金閣寺古材 銘 鏡湖 有馬頼底筆 高野宗陵作

鏡湖きょうこち
京都の世界遺産に登録をされている、金閣寺の目の前にある池の名前、鏡湖池。


【有馬頼底(号 大龍窟)】相國寺派 臨済宗 7代管長
 京都仏教会 理事長、日本文化芸術財団 理事
 久留米藩主 有馬家(赤松氏流)の子孫
(東京にて華族の家系に生まれ、天皇陛下のご学友となる)
1933年昭和08年 有馬本家当主有馬頼寧の従兄弟にあたる分家有馬正頼男爵の次男として東京で生を受ける
1941年昭和16年 8歳の時、大分県日田市の岳林寺で得度
1955年昭和30年 22歳 京都臨済宗相国寺僧堂に入門。大津櫪堂老師に師事
1968年昭和43年 相国寺塔頭大光明寺住職
1971年昭和46年 相国寺派教学部長
1984年昭和59年 相国寺承天閣美術館設立により事務局長
1988年昭和63年 京都仏教会理事長に就任
1995年平成07年 臨済宗相国寺派七代管長(相国寺132世)に就任
----------------------------------------
【高野宗陵】号 不窮斎 竹工師
1937年昭和12年 京都に生
1964年昭和39年 大徳寺藤井誡堂老師より号「宗陵」を拝受
1978年昭和53年 職業訓練竹工指導員
1988年昭和63年 京都竹工芸研究会委員長(現相談役)
1995年平成07年 京都伝統工芸線文学校講師(現教授)
     ギャラリィ栗本にて個展開催
1999年平成11年 相国寺有馬頼底管長より「不窮」の斎号を拝受
2005年平成17年 「京都迎賓館」竹工芸調度品の制作
 次代の高野忠雄氏がいます。
 

作者 字:有馬頼底筆
茶杓師:高野宗陵作
素材 金閣寺古材
木箱
   (限定野輪酒・100100)