及台子 旅立ちの趣向に第一弾

3月の時期は新入学や就職といった新しい世界への旅立ちの時期でもあり、それにふさわしい趣向も良いのではないでしょうか。
今回おすすめしたいのは「及台子」です。
新しい人生の旅立ちの門出の時期に「旅」をイメージして、「及台子」は良く使われる棚物の一つです。
古来中国のいわば上級公務員試験「科許」に及第する事に繋がり試験の合格を意味するところから良く使われます。
宋時代には科挙の合格者だけが通れる門の形からとか、及第の作文を置く台の形とも言われています。
一般には炉用の台子ともいわれますのでこの時期が一番使い易いのでしょう。



↑↑↑
画像をクリックすると商品が見られます。



↑↑↑
画像をクリックすると商品が見られます。